カンタンDIY-貼ってはがせる壁紙でおうちを彩る-アイキャッチ

貼ってはがせる壁紙でお部屋を彩る簡単お手軽DIY 

柄付き壁紙を一面だけ貼り付ければ それだけお部屋が生まれ変わる

 

ayanozです。

長引くステイホーム期間。毎日同じお部屋の中で気分が滅入ってしまいそう。

そんなときは、思い切って自分で壁紙(クロス)を貼ってみるのはどうでしょうか?

お部屋の雰囲気がガラリと変わって、まるで引っ越したような!?気分になれるかもしれません。

 

持ち家も賃貸もOK 貼ってはがせる壁紙

「壁紙変えるの、いいかも!でもお金がかかるとなると…。」

自分で貼ってみれば材料費のみ、そんなにお金はかかりません。

「自分で貼るの?大変そう。それにうちは賃貸だし、勝手に工事はできないわ。」

今は自分で貼ってはがせる壁紙があるのです。

かんたんに貼れる壁紙は数多くありますが、私個人としてはこれが良いかなと思いました。

 

①初心者でもカンタンに使える 貼ってはがせる壁紙

「RILM(リルム)」
RILM はがせる壁紙 特徴
>>楽天リルム一覧はこちら

「RILM(リルム)」は、国内の有名メーカーの壁紙を加工し販売している会社です。

裏面にあらかじめのりが付着していて、台紙をはがすだけでかんたんに貼り付けられます。

マットを用意しなくても良いように専用のスキージーカッターも販売しているので、床を傷つけず安心です。

さらに壁紙をはがしたい時のためにはがし液も取り扱っています。至れり尽くせり、初心者にはうってつけと言えるでしょう。

柄の種類が少なめなので、この商品で作業に慣れたらのりを使用する本格的な製品にもチャレンジするのもアリでしょう。

※注意:RILMの製品はコンクリート・土・砂・漆喰壁、浴室、屋外壁には使用できません。

 

壁紙設置例:アクセントクロス

RILM アクセントクロス 設置例

模様付き、濃い色の壁紙(クロス)を一面にだけ貼り、その呼び名の通りお部屋にアクセントを与える貼り方です。

貼る場所は室内で一番目に入りやすい場所、また入室したときにすぐに目に入る場所が良いようです。

日があまり差さない部屋、リビングなど人が集まる部屋は楽しい気持ちになる暖色の壁紙を。勉強部屋には勉強がはかどる寒色の壁紙を貼るのが良いでしょう。

キャラクター物、花柄、ストライプなど種類はさまざまです。

お子様の成長に合わせて、子供部屋を折々に貼り替えていくのも良いでしょう。

アクセントクロスについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

 

壁紙設置例:腰壁風クロス

RILM 腰壁ブラウン 設置例

腰壁とは、床から大人の腰くらいまでの高さまで板や別柄のクロスを貼ったものです。

イギリスやフランスなどのヨーロッパ風の住宅でよく見られ、本来は汚れ傷つきやすい壁の下部を守るためのものでしたが、見た目のデザイン性や可愛さから、女性に人気が高くなりました。

板部分はウッドタイプのクッションシートが手軽に取り扱えます。

表面がコーティングされているので、トイレの壁に貼ると尿ハネから壁を守りニオイの軽減にもなります。

 

②お風呂の壁にも貼れる 貼ってはがせるリメイクシート

壁紙屋本舗「NU Wallpaper(ヌー ウォールペーパー)」

ビニール素材なので、キッチンや浴室、洗面所の壁のほか、家具にも貼ることができます。

タイル調の柄が室内を南欧プロヴァンス風に仕立て上げます。

こちらの会社も通常の貼ってはがせる壁紙を取り扱っており、

初心者に嬉しい壁紙DIY用工具「初心者セット」も同時購入が可能です。

壁紙屋本舗 工具7点セット
>>壁紙屋本舗一覧はこちら

壁紙設置例:浴室アクセントパネル風

NU-WALLPAPER 浴室アクセント設置例

最近のユニットバスは、壁の一面だけ柄を入れたアクセントパネルを設置するのが流行っています。

白・クリーム色だけのシンプルなお風呂、窓が無い集合住宅のお風呂も、緑が生える木々のシートを貼れば気分は露天風呂!?

 

 

③ちょっとしたアクセントに 貼ってはがせるトリムボーダー

「シルキーのはがせる壁紙シリーズ トリムボーダー」

SILKY ROOM トリムボーダー設置例
壁紙設置例:トリムボーダー
トリムボーダーとは、壁に上下2種類のクロスを貼る場合、その境目(ボーダー)に貼り付けて、継ぎ目の目隠しと同時にアクセントとしての装飾の役目もこなすものです。
ドア枠と壁、天井と壁の境目などに貼ったら英国の室内のようなお部屋の雰囲気が優雅になります。
>>楽天トリムボーダー一覧はこちら

④ペタッと貼るだけで気分一新 ウォールステッカー

「シルキーのはがせる壁紙シリーズ ウォールステッカー」

SILKY ROOM ウォールステッカー設置例
>>楽天ウォールステッカー一覧はこちら

シールのように貼るだけでお部屋の雰囲気が変わる、壁に貼るステッカーです。

道具が不要でかんたんに張り替えられてお手軽なので、季節にあわせてデザインを変えたりできます。

お気に入りのキャラクター、風景が見える窓、宇宙空間なんてのも、お子さんが喜ぶかもしれません。

 

壁紙DIYに欠かせない道具

・押さえ刷毛

壁紙の中の空気を抜きます

・押さえローラー

壁紙の密着を良くします。

・へら

カド部分の隅まで壁紙を貼り付けます。

・カット定規

壁紙をカットするとき、普通の定規より便利です。

・カッター

刃が新品のものにしましょう。切れが悪いと壁紙が破けたりします。

 

ネット通販でもホームセンターでも、これらはセットで販売されているものがありますので

DIY初心者はまずこのようなものを購入するのが良いでしょう。

カッターや定規、へらなどおうちにあるものを代用しても良いですが、壁紙の表面が汚れないように道具のサビや汚れを落としておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。