貼ってはがせる壁紙の余りでプチリメイク アイキャッチ

貼ってはがせる壁紙の余りを活用 おうちをプチリメイク

ayanozです。

前回までは「貼ってはがせる壁紙」の取り付け方を一通り説明しました。

 

さて、壁紙を貼ると当然余りが残ります。

柄物だと模様が合うように貼り付けるので、中にはけっこう大きなものが余ったりします。

捨てるにしても「せっかくお金かけて買ったのに、もったいない・・・。」

やっぱりこう思っちゃいますよね。

 

そこで今回は、処分するまえにもうひと工夫、貼ってはがせる壁紙の余りを活用したリメイク術をご紹介したいと思います

小物をリメイクしたりするので、お子さんと一緒に楽しんでも良いですね。

 

余ったハギレは接着面が乾燥しないように裏紙を貼り付けて取っておきます。

 

余った壁紙の再利用方法・室内扉に貼る

・トリムボーダーとして貼る

・壁掛けの鏡を飾る

・家具の扉に貼る

・テーブルに貼る

・コルクボードに貼る

・写真を飾る

・写真立ての枠をリメイク

・ノートや本、ファイルの表紙に

 

余った壁紙リメイク術①室内を飾る

・室内扉に貼る

壁紙を貼り付けてお部屋がきれいになったけど、ドアがなんとなくくすんで見える。

色合いが合わなくてなんだか浮いて見える。

ドアのように表面が木目かツルツルしたものであれば、壁紙を貼り付けることが可能です

1:壁紙とまったく同じ柄にする

※画像引用:大建工業

2:無地だけど違和感ないものにする

※画像引用:大建工業

3:枠や他の木目部分と色を合わせる

※画像引用:大建工業

 

・トリムボーダーとして貼る

壁紙はタテ長に残るものがほとんどなので、柄が合えばトリムとして利用できます。

※画像引用:写真AC

※画像引用:写真AC

 

・壁掛けの鑑を飾る・家具の扉に貼る

※画像引用:TOTO

※画像引用:TOTO

 

余った壁紙リメイク術②テーブルに貼る

※画像引用:写真AC

※画像引用:写真AC

※画像引用:写真AC

表面がキズついてちょっと見栄えが悪くなったテーブルの天板に貼り、上からビニールを被せるとテーブルクロスのような見栄えになります。

シールでずれることもないので便利です。

 

余った壁紙リメイク術③コルクボードに貼る

※画像引用:写真AC

コルクボードはピンで刺すだけで写真などを飾れるので便利ですが、ずっと使っているとピン孔で表面がボロボロになってきます。

表面に壁紙を貼り付けると、補強だけでなく壁装飾のようにお部屋を彩ります。

 

余った壁紙リメイク術④写真立ての枠をリメイク

※画像引用:写真AC

100円ショップで購入した写真立ての枠を壁紙でリメイクすると、お部屋も明るくなります。

 

余った壁紙リメイク術⑤写真を飾る

 

※画像引用:写真AC

コルクボードに貼る時やアルバムに納めるとき、写真自体の枠を飾ると見栄えも良くなりかわいくなります。

特に小さいお子さんや女の子には受けが良くなるでしょう。

 

余った壁紙リメイク術⑥ノートや本、ファイルの表紙に

※画像引用:写真AC

学校で使うノート、家計簿や日記など表紙を隠しておきたい本、科目ごとに分けておきたいファイルなど、用途に合わせて思い思いに貼り付けると使用するときの気分も違います。

 

自分ひとりでのDIYも、家族であれこれ言いながらのリメイクも、どちらも楽しいものです。

特に写真や本をリメイクするときは、お子さんや友達と進めると楽しいひと時をすごせるのではないでしょうか?

ぜひお試しください。

 

私ayanozが良いと思った品物を厳選して集めました!

よろしければご覧ください。

ayanozの楽天ROOM

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。